シミの原因と予防法を知っておこう

シミは、加齢や紫外線などの影響で目立つことがあり、症状の悪化を防ぐために早期のケアがとても大切です。シミの予防をする場合には、日焼け対策を欠かさずに行うことはもちろん、スキンケアに気を使って良好な肌の状態を保つことがポイントです。また、生まれつきの肌質や生活習慣などによってシミができやすくなることがあるため、日ごろから肌のセルフチェックを十分に行うことが大事です。なお、シミの原因や症状の程度によりセルフケアが難しいケースもあり、時には皮膚科の専門医による診察を受けることがオススメです。その他、シミによる色素沈着などのトラブルを解決したい場合には、レーザー治療を受けられるクリニックに通うことも良いでしょう。

シミを増やさないためのポイント

シミができる原因は人それぞれですが、少しでもシミを増やさないために、美容液や化粧水などを使ったセルフケアのコツをつかむことが大切です。また、肌のターンオーバーを促したり、保湿を欠かさずに行ったりすることで、少しずつシミの解消ができることもあり、各自のライフスタイルに合ったスキンケアを続けることがポイントです。シミの色合いや大きさなどによっては、外用薬による治療が必要となることがあり、自己判断をせずに掛かりつけの皮膚科医のもとで治療を受けることも重要です。その他、シミの治療後に様々な肌トラブルを防ぐために、美容成分の種類にこだわってスキンケア用品を選んだり、定期的に生活習慣を見直したりすることが重要です。

シミができてしまう原因として紫外線が一般的ですが、その他にも加齢やホルモンバランスの異常、ストレスなどがあります。それぞれ対処法も異なるため、まずは原因を知ることが対策への第一歩につながります。