歯列矯正はいくらかかってどんなことをするの?

歯並びについての悩みは大人になってからが多い?

自身の歯並びについて気になることはありますか?歯列矯正は子どもの頃に行うイメージがありますが今は大人の歯列矯正も増加しています。歯並びが悪いと噛み合わせに問題が起こり肩こりや頭痛など全身の不調に繋がります。また歯磨きのしにくさから虫歯になりやすくなります。歯列矯正は高いというイメージがありますが、技術が発達した今では60~70万円で行うことができます。月の通院代も2000円くらいのところが多いです。

歯列矯正はどんな風に進めるの?

歯列矯正を行う際には、まず不要な歯の抜歯からスタートします。個人差はありますが大体4本は抜歯を行います。この時に親知らずの抜歯も行うことが多く矯正歯科の先生に上手な口腔外科医を教えてもらうと痛い思いを最小限に留めることができます。抜歯が終わると金属の装置を歯に付けていきます。これを動的治療と呼びます。口内炎ができたり、口腔内の金属で口が切れやすくなりますが、1週間程度で慣れます。また歯の矯正金具を締めると歯が痛くなり頭痛や肩こりが起こることもあるので歯科に相談し市販薬などを用いて対応してください。

装置を外してからが勝負!

歯列矯正が進むと約2年程度で金具を外しリテーナーという入れ歯のような装置を使います。歯の保定のために行いますが、時間が決められているためきちんと守らないと歯並びが綺麗にならず乱れてきます。このように歯列矯正は真面目さと我慢が問われる行為です。料金も安くはなりましたが、まだまだ高いので一度やると決めたら諦めず忍耐強く行なってください。あなたの努力次第で美しい歯並びを手に入れることができます。

具体的に出っ歯とは口を閉じたとき歯が見えてしまう、下の歯より前歯が付き出す歯の事を言います。このような出っ歯の矯正は、奥の歯を移動し歯の隙間を作り治療します。