皮膚へのダメージを少なく!正しいカミソリでの処理方法

無駄毛の悩みから皮膚の悩みへ?

無駄毛があると影ができ、見た目も暗くなります。また脇やデリケートゾーン等はムレやすくなるので、炎症も起こしやすくなります。無駄毛の悩みを解消するためには、脱毛するのが一番です。ただし、脱毛の仕方を間違えるとかえって皮膚の悩みにつながることがあります。無駄毛を処理すると、皮膚にかかる負荷が大きくなります。すると炎症や腫れにつながりやすくなるのです。

自己処理で皮膚に負荷を与えない方法って?

自己処理で無駄毛を処理する場合、最も肌への負荷が少ないのが、カミソリや電気シェーバーで剃る方法です。例えば毛抜きの場合、毛穴から細菌が入り込む恐れがあります。脱毛テープや脱毛クリームは毛だけでなく、皮膚にも強い負荷がかかるので、皮膚トラブルにつながりやすいのです。ただし、カミソリや電気シェーバーも使い方を誤ると、肌を傷つけてしまう恐れがあります。ですので、皮膚トラブルを避けるためにも正しい使い方を知っておくことが重要です。

正しいカミソリの使い方

皮膚に負荷を与えないためには、正しい方法で毛を剃ることが大切です。無駄毛処理する際はまず、シャワーやお風呂などで毛を温めます。次にカミソリや電気シェーバーを使う場合は、しっかりシェービングクリームを塗りましょう。シェービングクリームを塗ることで、刃が滑りやすくなり、肌への負荷も少なくなるからです。処理が終わったらしっかり保湿し、ダメージを軽減させることも大切です。そして無駄毛処理する際は、道具を清潔に保つことが重要です。使い終わったらきれいに洗い、サビ等が見られたら取り替えるようにしましょう。

大阪の脱毛は、関西地区の大阪府内の医療機関やエステで、体毛にレーザーをあて、少しずつ減らす施術です。