傷も残らずナチュラル!切開しない豊胸手術

ヒアルロン酸注入で手軽に豊胸

豊胸手術というと、シリコンバッグを入れるというイメージがありますが、最近では切らない豊胸手術が主流になりつつあります。ヒアルロン酸や脂肪を注入する方法で、傷跡の残らない豊胸手術として人気です。

ヒアルロン酸注入は、顔のほうれい線やシワの治療に使用されるのと同じもので、もともと人体にある成分なので抵抗なく注入できます。サイズの大幅なアップは図れませんが、半カップから1カップのバストアップが可能で、見た目もナチュラルで人に気づかれにくいのがメリットです。注射だけなので施術時間も15分程と短く、注入後はすぐに帰宅できます。ダウンタイムの必要もなく、シャワーは翌日から、入浴も一週間後から可能です。効果の持続期間は、2年から3年です。

部分痩せと豊胸が一度にできる脂肪注入法

脂肪注入での豊胸は、太ももやお腹などの余分な脂肪を吸引し、胸に注入する方法です。脂肪を吸引するカニューレを挿入するため、肌に少し傷をつけますが、時間と共にほとんど目立たなくなるでしょう。吸引した脂肪は生理食塩水で洗浄された後、状態の良いものだけが選別され注入されます。

注入された脂肪は、毛細血管に取り込まれて組織として定着します。注入した脂肪の約半分は定着し、半分は体内に吸収されるのが一般的です。脂肪の吸引も行うため、施術時間は2時間から3時間に及びますが、手術当日からシャワーに入れます。ただ、脂肪を吸引した部位は圧迫が必要です。部分痩せと豊胸が一度にできるのが魅力です。

豊胸の外科手術の方法は、大きく分けて2つあります。1つはシリコンパックを入れるもの。もう1つが、自分の別の部分の脂肪を取って、胸に注入する方法です。